エフォートコーチのつぶやき・・・・

当チームのコーチの「ぶつぶつ」を掲載しています。
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SEARCH
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< 目的 | main | 普通 >>
指導者の在り方
0
    指導者の在り方が問題となっています。
    手を挙げたり、暴言を吐いたり。

    選手を育成するために何が必要なのか。
    一人一人の選手にとって何が効果的なのだろうか。
    優しいのと厳しいのと。
    優しすぎたら自分を甘やかして成長しづらくなってしまうかもしれない。
    厳しすぎたらその競技自体を行うことが嫌になってしまうかもしれない。

    自チームのスタッフ間で共有していることは両方ないといけないよね、ということです。
    優しいの中には選手の心のゆとりを生んだり、そのゆとりがチャレンジを生んだり、そこから楽しい嬉しいが生まれます。
    厳しさの中にも楽しいがあります。特別な結果を出すためにはここまでやらないといけないんだという感覚。これは甘えや妥協からは生まれません。

    どのような指導が良いかを考え続けること。
    人を理解しようとし続けること。
    自分の行動や発言を考え振り返り続けること。

    心に刻んで精進します!
    | efforttsubuya | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    url: http://tsubuyaki.effort-fc.jp/trackback/3179