エフォートコーチのつぶやき・・・・

当チームのコーチの「ぶつぶつ」を掲載しています。
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SEARCH
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< SPクラス5期生について | main | 他者を認める >>
0
    春合宿も終わり明日から新学年・新学期ですね。
    今回の春合宿もたくさんのチームに鍛えていただき、たくさんの刺激を受け成長するための材料をいただきました。

    合宿中の印象的だった言葉の話をします。
    その合宿には素晴らしいスタッフの方がたくさんいました。
    その中のある指導者の方が言っていた言葉です。

    『チームのために動いた人が損することだけはあってはいけないぞ!』

    その指導者の方と選手達に何があってこのようなことを言ったのかはわかりませんが、まさにこれだなと思うことがサッカーでもサッカー以外でも本当に多くあります。
    今日もありました。
    自ら常にやることを探して「コーチ他にやることありませんか?」とチームのために動く子がいます。
    ゴールを作ってラインを引いてチームが試合をするための環境を自分のことは後回しにして整えてくれます。
    はたまた一方で・・・
    そんなことを知ってか知らずか、ゆっくり自分の準備を済ませ出来上がったゴールにシュートを打ち、当たり前のように整った環境で試合をします。
    この環境は自然に出来上がった訳ではないからね。

    チームのために動いてくれた人がこれを見て「それなら自分の準備して、誰かが環境を整えてくれるのを待った方が楽だし得じゃん」なんて思わせてしまったらチームは崩壊です。
    チームのために動いてくれた人に対しての感謝が言えたり、「さっきやってくれたから、俺がやるからさ!」のような持ちつ持たれつの関係ができるとチームのために動いてくれた人も「チームのために動いて良かったな」と思えるのではないでしょうか。

    ですがチームのために動いてくれた人が誰かに感謝をされるために動いてるようには思えません。
    根本は自分の為だし、チームの為にやってくれているように見えます。
    見返りを求めているようには見えません。

    一人はみんなの為に
    みんなは一人の為に

    なんですね。
    さあ、新年度も努力努力!!!
    | efforttsubuya | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    url: http://tsubuyaki.effort-fc.jp/trackback/3174