エフォートコーチのつぶやき・・・・

当チームのコーチの「ぶつぶつ」を掲載しています。
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SEARCH
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< 確固たる! | main | 後半から・・・ >>
気がついたら7月
0
    上半期が終了。
    聴いているラジオからは上半期の特集が流れてきます。
    今年もあと半年で終わるのかーと思っている人も多いのではないでしょうか。

    子ども達の体感スピードはどんなものですか?

    夏休みが明けるとどの学年も毎週毎週、○○大会が入ってきます。
    ○○大会に参加すれば優勝したい勝ちたいとかみんなが言いますがそのためにしないといけないことは考えていますか?

    その願いを叶えるために私がすること。
    巧く強く、そして人としての成長があれば試合に勝てると考えています。
    巧く強くするために良いトレーニングを考え、たくさんの魅力的なチームと練習試合をして鍛えていただきます。
    人として成長するために、練習中・試合中の場面場面を日常に置き換えて1人1人やチームに問題提起を繰り返します。
    最近で言うと、疲れてきて足が止まる選手。
    っというか止める選手。
    なぜ止めるという言い方になるかというと本当に止めているからです。
    箱根駅伝で走る選手のように脱水症状や足の痙攣などでドクターストップを途中でかけられてしまいやむを得ず走れなくなっているわけではありません。
    こないだの選手は自分でやめています。
    それってどうなの?って話です。
    本当に体力がないだけなのか。
    私はもっと走れると思ったんです。
    走れなかったとしても仲間走ってるでしょって。
    あいつは体力があるから走れる、俺は体力ないからしょうがない。
    そんな割りきり方ではチームとして戦えないよねって話です。
    仲間が走ってるのに自分が走らないことを選んでしまう。
    その自分、心。
    本当にそれで良いのか?という問題提起です。

    みんながしないといけないことはなんですかね。
    決して○○大会の一週間前から行う誰でもできるような生半可な努力ではありませんよ。
    それは普通の人。
    優勝は特別です。
    特別には特別な努力!

    だと思います。
    | efforttsubuya | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    url: http://tsubuyaki.effort-fc.jp/trackback/3165